カフェイン 効果

MENU

カフェインの効果とは?

 

■眠気

 

カフェインの効果で、大脳皮質を刺激して眠気を捉え難く講じる結果があります。

 

 

また、カフェインには、脳一部分の睡眠物です「アデノシン」が作用するのを妨害して、眠気を鎮める効果があるんです。

 

さらに、脳一部分の「利益脈絡」といわれる業者に呼びかけ、意欲を結構高な状態にして覚醒レベルをつりあげる効果も!!

 

 

以上のような結果によって眠気が覚めるというワケです。

 

 

 

しかし、私の気分では、コーヒーをめっちゃ飲んだ程度では、眠気が覚めないというのが正直なところですね^^;

 

 

 

■消耗解決

 

カフェインは脳の働きを活性化して、覚醒レベルを回収脳の大脳の要点能力を上げるので↓↓

 

  • 知性機能やインスピレーションを厳しく始める
  • 消耗解消する
  • 気力を決める

 

 

 

以上のような作用があるとされています。

 

 

 

■鎮痛結果

 

カフェインの補填により、脳血管の収縮結果がおこり、頭痛などの鎮痛に効果が期待できます。

 

 

カフェインが切れてくると、脳血管の収縮結果はなくなりますので、脳血管は拡張して頭痛が発生します^^;

 

長年カフェインを摂取していて、突如止めた場合には頭痛が酷くなることがあるので注意して下さいね!

 

 

また、カフェインには、他の頭痛薬の鎮痛効果を支える働きもあるのですよ〜。

 

 

他にも、カフェインには「利尿結果」や「脳細動脈収縮結果」などもあります。

 

 

カフェインの疲労回復に関してですが、ハウスキーパーの実体験では、少量のカフェインでは「疲労回復」や「気力の上昇」は感じられませんでした・・・。

 

 

やはり個人差がありますが、高めのカフェインを摂取しないと効果はさほどゼロと感じましたよ。

 

 

 

持続時間は?

カフェインを摂取すると、一端は「胃」で残りの大部分は「小腸」で把握されます。

 

 

把握スピードは速い者で、口から取り入れ下部45食い分後には、滅多に絶対が把握されます。

 

 

カフェインを摂取してから、血中濃度が上限に上る時間は、指標次第ですが、半〜60食い分規模かかるとされます。

 

 

アイスコーヒーの実例ですと、小腸の粘膜の毛細血管が収縮するため胃の動きも低下し、1歳月後についに血中濃度が極限に達すると言われています。

 

 

また、話題コーヒーの実例ですと、飲んでから半〜1歳月で血中濃度が極限になります。

 

 

呑み者によっても、カフェインの効果が顕れる歳月が転じるというワケですね!!

 

 

カフェインや薬の血中濃度が、最高額の半分になる歳月を「半減期」と呼びます。

 

 

そして、健康な人のカフェイン半減期は4〜6歳月とされているんです。

 

なので、ほぼですが、カフェインが持続する時間は「4〜6歳月」と感じることが出来ますね。

 

 

ですが、正確には『半減期=持続歳月』ではないのが病み付きアイテムだ。

 

そこで、持続時間に関しては、私の普段のカフェイン取り入れの評定を含んでいますので参考としてください。

 

 

他にも、コツがあります。

 

それは、年代や肝能力のアビリティーによって、カフェインの血中濃度の半減期も変わることがあるんです。

 

  • 普段カフェインを摂取しないユーザーは効果が神経質に見つかる
  • 女性は男よりカフェインの交替が速い
  • たばこを吸う人のほうが、吸わないユーザーと比べて
  • 倍ほど短くカフェインを交替行える
  • アジアユーザーはカフェインの交替スピードがのろい

 

 

 

以上の事が分かっています。

 

 

私の気分だと、カフェインを多めに摂取した場合は、4歳月規模効果を持続できてあるよ〜。