コーヒー 飲み過ぎ

MENU

午前の眠気覚ましや正午の憂さ晴らしなど、呑みすぎる局面の多いコーヒー。コーヒーは飲み過ぎると、体調不良の関連に陥る恐れもあります。一年中に飲んで素晴らしいコーヒーの「適量」を紹介します。

 

 

飲み過ぎ警報!一日に飲んで素晴らしいコーヒーの適量とは?

 

眠気覚ましや憂さ晴らし、各種シーンで飲み込む地の多いコーヒー。

 

コーヒーにあるカフェインには、覚醒成果や鎮痛成果などカラダに嬉しい効果もあります。一方で、コーヒーの飲み過ぎが原因で、カフェイン禁断症状を導くおそれも。
コーヒーを飲み過ぎると起きる4つの短所

1.頭痛や疲弊

 

コーヒーの飲み過ぎは様々な不整を起こします。

 

常々コーヒーを飲み過ぎるパーソンが、急にコーヒーを飲まなくなると、頭痛や疲弊といった禁断症状がでることがあります。

2.カフェインの利尿作用でカルシウムが流出する

 

コーヒーに含まれているカフェインは、カルシウムの把握を妨げてしまい、尿として一緒に排泄されます。

 

長期的に骨粗しょう症の原因になるとも言われています。

 

3.コーヒーは貧血に悪影響

 

奥さんにとって気をつけたいのが貧血だ。コーヒーにあるカフェインが、鉄分の把握を阻害し血の作りが悪くなります。

 

メンス内などの状態でコーヒーを呑みすぎると、一層不具合が悪化する兆候がありますので、注意が必要です。

 

ちなみに妊婦においてカフェインの服薬により胎児の進展を阻害するケー。

 

4.呑みすぎると、カフェイン禁断症状の危険も

 

カフェインのストレスが過大になると、ガッツやボディーに不具合をきたす可能性も。以下に当たると「カフェイン禁断症状」の恐れがあります。

 

ガッツ不具合:苛立ち、危惧、不眠症など
身体症状:胃痛、吐き気、動悸など

 

加えて、高血圧に罹る危機が伸びるとも言われています。
ものさし読物:フード防犯委員会

 

厚生労働省フード防犯部は「国内でのカフェイン病み付き死は聞いたことがない」と発表しています。(2015.12.22補記)
コーヒーは、1日に3~4杯が適量!

 

飲み過ぎると危ない毎日のコーヒー適量

 

米国フード医薬品チャンネル(FDA)の指標に因ると、カフェイン容積のマキシマムは1日に「約400mg」まで。

 

コーヒーのカフェイン調合分量は、おそらく100ml当たり60mgとされています。

 

つまり、個々人カップに換算すると毎日3〜4杯が適量だ。

 

  • コーヒーカップ(150ml) ・・・毎日4杯まで
  • 缶コーヒー(200ml)・・・毎日3ニュース〜4ニュースまで
  • マグカップ(240ml)・・・毎日3杯まで

 

コーヒーは毎日3〜4杯にする

 

慣習便覧に追加する

 

1日に3〜4杯飲むと他界危機後退!?

 

国立がん考察中が、コーヒーの他界危機について尾行考査を行いました。

 

それによるとコーヒーを毎日3~4杯呑む人の他界危機*は、至って飲まないパーソンに見比べ24百分比安いと報告されています。(*がん、脳裏疾患、脳血管疾患、息器物疾患に要因)

 

適量のコーヒーは負担縮減につながりますが、飲み過ぎても逆インパクト。毎日3~4杯、適量までにとどまるのが理想的です。(2015.5.8補記)

 

 

ノンカフェイン・カフェインレスの水物

 

  • カフェイン答弁コーヒー(マッポフェ)
  • 麦茶、周辺茶、どくだみ茶
  • ハーブティー

 

また緑茶や紅茶もナイス。渋味覚元「タンニン」がカフェインと響く結果、コーヒーと比べて飲み過ぎによるカフェイン頼みの負荷はあまりありません。